どんな関節でもそうですが、急激に負荷をかけると関節痛になってしまいやすいです。  もしも、毎日運動しているような熟練のアスリートであれば、たとえ関節へ対して急激に負荷をかけたとしてもすぐに関節痛を発症する確率は低いのかもしれませんが、そうでない一般人であればすぐに関節痛を発症してしまいます。  それは、自分から油断してそうした負荷を関節にかけてしまうこともあれば、自分の意志とは関係なく不可抗力で関節に負荷をかけてしまうこともあると思います。  ですから、なるべく普段から、関節痛になってしまわないように、軽くでも良いので関節の運動をしておくことが大切だと私は思います。そうして、毎日こまめに関節を動かしておけば、アスリート選手とまではいかないまでも、それなりに柔軟な関節にすることができると思います。  関節痛は1度なってしまうととても長引く傾向にありますので、ぜひとも簡単には発症させないよう日頃から気をつけるべきだと私は思っています。