普通のビギナー向けのFX取引の本では「損失を被ったケースではナンピンを入れることによって平均の買い付け価格をコントロールする」等記述されていますが正直に言うとここには大きな罠があります。時給 高い バイト

最初に、ナンピンのロジックについてとても簡単に説明しておきます。ダイエットサプリメント

例として1ドル100円でドルを買ったとする。ルフィーナ 楽天

ドル買いだから、円安に推移するほど儲けを得られますが思っていたのとは逆に1ドルが95円までドル安方向に触れたとします。レチノール 化粧品

その場合ポジションを所有し続けたら、利益がでるためには、損失分、ドル高に向う必要があります。とうきのしずく 使い方

誰もがみんな、赤字は早く回復したいと願うだろう。リンクス 全身脱毛 値段

そこで最初に売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を1ドル95円で買い増します。Tp200 口コミ等

これで、ポジション全体のコストは97円50銭まで抑える事が出来ます。花蘭咲 口コミ等

その結果、2円50銭の幅でドル高が進むと、マイナスを回復する事ができます。イビサクリーム 周期変更など

それが、ナンピンのやり方です。モビット審査|お金借りる申し込みはココ!

このとおり、ナンピンの理屈をみると、「ごもっとも」という気分になるが、マーケットはそう簡単に思った通りにはなりません。

だいたい、1ドル=95円より下がらないとは予想できません。

仮に、市場が強い円高地合であるならば、95円では収まることなく、一段の円高に向うリスクがある。

97.50円でナンピン買いをした時に1ドル95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンしたポジションについても差損が生まれてしまいます。

それでは、初めにエントリーしたドルとあわせて2倍の差損が生まれます。

それほど、ナンピン買いはややこしいです。

それなら、為替が自らのシナリオとは別の方向にみるみる行ってしまった場合どういったやり方で危機を回避すればいいのでしょうか。

この場面では選べる選択肢は限られています。

ひとつめは潔くあきらめて、損を確定する事です。

もうひとつの手段としては現在、自分自身が保持しているポジションを減らす事で相場が元のようになるのを何もしないで待ち望む事だけです。

ちょっと主体性のない対策だと考える人もいると思います。

だがしかし、自分が所有しているポジションに損が生じた時一番危険の少ない手段はこの2つ以外にはありえません。

机上ではナンピンという術もあるように思えます。

しかしながらナンピンは、損失を出している場面でポジションを減らすどころか、それとは逆に買いポジションを積んでいく方法です。

これでは、リスクをコントロールすることなどどう頑張っても可能ではない察するべきです。

ナンピン買いを続けられればその内勝てるかもしれません。

しかし、それより先に投資資金がショートしてしまうだろう。