小学生の頃、友達の家で飼っていた犬をとても可愛がっていました。たのまな

私は犬が大好きなのでとても飼いたいと思っていたのですが、我が家はペット禁止のマンション住まいだったため、 その願いは叶わなかったのです。ネイルサプライ

なので、余計にその犬が可愛くて毎日友達と遊ぶのが楽しみなのと同じくらい放課後が待ち遠しかったのです。中学受験ドクター

一緒に散歩をしたり、ボールで遊んだりと、今当時を振り返ってみると、その頃の私にとってはもう1人の友達という感覚で遊んでいたんだなと思わざるをえません。シャイニージェル

しかし、悲しいことにその友達一家が転勤で遠くに引越しをする事が決まって、私は涙が枯れるまで泣きました。フェムネイル

お別れの日、最後に犬の頭を撫でた感触はしばらく私の手から消えず、思い出しては泣くほどショックを受けていました。懸賞にゃんダフル

友達とはその後、文通を続け、時々犬の写真も同封してくれたので私はそれを暇さえあれば眺め、文通は高校生の頃まで続き、ちょうどその頃に犬が死んだことを知らされ、しばらく会ってないにもかかわらず大泣きした覚えがあります。たわら屋

あれから10年以上が経ちますが、久しぶりにもらった写真が引き出しから出てきたのを見て懐かしさで胸が熱くなり、音信不通となってしまったその飼い主である友達にも会いたくなったのでした。ドゥーブルフロマージュ

トロールビーズ4XTYLE